風の赴くままに

雑記・本・クラフトビール・無印良品など

京セラのロールシャープナーで無印良品の三徳包丁を研ぐ

一人暮らしを始めてすぐ、無印の「オールステンレス 小三徳包丁」を買った。

継ぎ目が無い持ち手と刃が一体になった洗練されたデザインで気に入っていたのだが、半年して切れ味が相当落ちた。鶏もも肉なんか切れたもんじゃない。

 

面倒だけど砥石でも買ってチマチマ研ぐしかないのかアーとホームセンターに足を延ばしてみたら、どうやら簡単に包丁を研ぐことができるものがあるらしい。

一人暮らしをしてみると、本当に色々な発見があるな...段々プロの主婦に近づいている気がする。

 

まあそんなわけで半信半疑のまま、京セラの「セラミックロールシャープナー」っていうのを買ってみた。

 

京セラ セラミック ロールシャープナー RS-20BK(N)

京セラ セラミック ロールシャープナー RS-20BK(N)

 

 これね、密林のブックマーク貼っておくね。

そういえば最近Amazonはほぼレビューサイト的使い方しかしてない。

大体買い物するときはAmazonレビューに目を通してから買うような慎重派の人間なんだけど、今回は「15年近く愛用している」っていう主婦の心強いコメがあったから安心して買えたわ。

 

f:id:yasuda09020:20190412213149j:plain


切り込みになっている部分に包丁をあてて前後動かすだけ(10往復くらい)

 

f:id:yasuda09020:20190412213153j:plain

 

デザインもスリムでいいわね。

水を使わなくていいのもポイント高い。

 

一連の作業を終えた後、昼食作るために鶏ささみの下処理したんだけど、サッッッと刃が入ったから感動したわね。

 

お気に入りのデザインの包丁がまだまだ使えそう。

一人暮らしで自炊している皆の衆、ゼッタイ常備したほうがいいよ!(終)