風の赴くままに

雑記・ミニマリズム・クラフトビール・無印良品など

無印良品「ポータブルアロマディフューザー」

ちょっと遅めのクリスマスプレゼントに、無印良品の「ポータブルアロマディフューザー」を頂いたのでレビューしたい。

 

無印良品の店頭で、いつも水蒸気を噴射しながら稼働しているアロマディフューザー無印良品のヒット商品の一つである。

今年11月、そんなアロマディフューザーにコンパクトサイズの「ポータブルアロマディフューザー」が仲間入りした。
f:id:yasuda09020:20171228140815j:image

(USBケーブルを接続して給電中...)

 

 

手のひらサイズで、ポータブルという名の通り持ち運びもできる。

従来の据え置き型アロマディフューザーと比較すると、

  • コンパクト
  • 持ち運び可能(携帯ポーチ付属)
  • 水を必要としない
  • コードレス(バッテリー駆動時)

がメリットとして挙げられると思う。自分が一番驚いたのが、水を必要としないことで、従来のアロマディフューザーは水を入れてそこにアロマオイルを数滴垂らして使用するのだが、ポータブルアロマディフューザーはアロマオイルを3〜5滴内蔵のフェルト付きトレーに染み込ませるだけで使用できる。

倒して水浸しになる心配もないし、手入れも必要ない。

 

ただ、マイナス面としては

  • 香りが広範囲に広がらないこと(有効範囲50cmらしい)
  • 加湿効果は無いこと(水を使わないので)
  • フェルト付きトレーに一度染み込ませると他の種類のアロマオイルを使用できない   

が挙げられると思う。

フェルト付きトレーは別売しているので問題ないけれども、上2つの問題は買う際の要検討項目かなと。店頭で実際に見比べてみることをおすすめする。

基本的にはデスクワークで集中したいときに使うとか、就寝時に枕元に置いてリラックスするとかが最適な利用シーンだと思う。オンラインショップのコメント欄には車で芳香剤代わりに使えるなんて書き込みもあって、アイデア次第で利用シーンは増えるだろう。

 

気軽にアロマを楽しめる無印良品の「ポータブルアロマディフューザー」で、日常生活に癒やしを取り入れてみてはいかがだろうか。

 

【公式ネットストアリンク】

・本体紹介サイト

www.muji.net

・替用フェルト付きトレー

www.muji.net